太陽熱温水器(ソーラー)の点検・修理・撤去をお考えの方はお気軽にご相談ください

太陽熱温水器について

太陽熱温水器,愛知県,撤去,点検
太陽熱温水器,愛知県,岐阜県,修理,点検,設置

太陽熱温水器は通常清掃の必要はありませんが、定期的な各部点検は必要です。特にソーラー本体を固定している番線(針金)の点検は、落下事故等を未然に防止するために必ず行ってください。

ほとんどのメーカーがステンレス製の番線を使用しているため、劣化により切れてしまうことはまずありませんが、ソーラーの重量を支えているため、伸びてしまうことがあります。


そうなると当然ソーラーの固定が甘くなり、地震・強風などによる横ずれ等がおこり、大切な屋根を傷める原因にもなりかねません。

点検⇒点検作業費 一律5,400円/台(税込)

修理(水漏れなど)につきましては、修理箇所・メーカー・年式によってことなります。

お気軽にお問合わせください。


 毎日、水漏れなどのお問い合わせで何件もの修理を依頼していただき、私どもも可能なかぎり修理させていただいておりますが、残念ながら中には修理不可能なソーラーもございます。

そのほとんどが貯湯タンク、集熱板破損によるものです。そのためソーラーに水を貯めておくことができなくなり、常に空の状態になってしまいます。 そのまま放置されている方が多くいらっしゃいますが、空になったソーラーは風の影響を受けやすく大変危険です。横ズレなどにより屋根材を傷め、雨漏れの原因になったり、最悪落下事故にもなりかねません。

不幸にも落下事故につながってしまったソーラーのほとんどが空になったまま放置されていたソ-ラーなのです。

もし現在使用されていない太陽熱温水器がございましたら撤去されることをお勧めします。

 撤去処分工事に関しましては設置状況(屋根の高さ、架台の有無)・ソーラーの形状(パネルの枚数、循環方式)などにより異なりますので、詳しくはお気軽に当社までお問い合わせください。